バッハ会長「森氏謝罪を理解」=政府は進退求めず―女性蔑視発言

政治・外交

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視とも受け取れる発言をして撤回、謝罪したことについて、橋本聖子五輪担当相は5日の閣議後の記者会見で、4日夜に国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長から「よく理解した」と電話で伝えられたことを明らかにした。橋本氏は森会長辞任を求めない考えも示した。ただ、他の閣僚からは大会への悪影響を懸念する声が相次いだ。

橋本氏によると、バッハ氏は「東京大会の成功に向けて努力してほしい」と協力を求め、橋本氏は「しっかりと準備していく」と応じた。

森会長が辞任を否定したことに関し、橋本氏は会見で「組織委員会が決めることだ。それを政府としてサポートしていく」と述べ、政府から進退を問わないと強調。4日に森会長に直接「あってはならない」と伝えたことをもって、政府としてこれ以上対応しない考えも示した。

加藤勝信官房長官も森会長の進退について「組織委員会において決めることだ」と述べるにとどめた。

一方、小此木八郎国家公安委員長は会見で「本人も反省していると思うが、それと世間、世界からの声は別。厳しいものがある」と指摘。坂本哲志地方創生担当相は「国民全体のモチベーションが下がることがあってはいけないと思い、心配している」と語った。

井上信治科学技術担当相は男女共同参画の重要性を強調し、「日本学術会議の会員も女性を増やしている。そういう取り組みは社会のあらゆる分野で必要だ」と述べた。

公明党の石井啓一幹事長は会見で「猛省してほしい」と述べ、森会長の続投に関しては「首相まで務めた方だから出処進退は自分で判断すると思う」と語った。

閣議後、記者団の質問に答える橋本聖子五輪担当相=5日午前、国会内閣議後、記者団の質問に答える橋本聖子五輪担当相=5日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本