中国公船が領海侵入=海警法施行後初―沖縄・尖閣沖

社会

沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で6日、中国海警局の「海警」2隻が日本の領海に侵入した。日本漁船に接近しようとしたため、海上保安庁の巡視船が漁船の安全を確保し、領海から出るよう警告した。

尖閣諸島沖での中国公船の領海侵入は今年4回目。中国で海警局の船舶による武器使用を明記した「海警法」が今月1日に施行されてからは初めて。

第11管区海上保安本部(那覇市)によると、2隻は午前4時45~50分ごろ、南小島南の領海に侵入。直後、同島南約22キロの海上で操業していた日本漁船2隻(乗組員計6人)に接近する動きを見せ、午後1時15分ごろ領海を出た。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 軍・自衛隊(社会面) 社会 中国 日本 沖縄 那覇市