菅首相、森氏失言「国益に芳しくない」=人事は組織委判断事項

政治・外交

菅義偉首相は8日の衆院予算委員会で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(元首相)の失言について「国益にとって芳しいものではない」との認識を示した。立憲民主党の早稲田夕季氏への答弁。また、五輪の男女共同参画の理念に反するとして「あってはならない発言だ」と改めて強調した。

早稲田氏は「それなのになぜ(森氏は)辞任しないで続投するのか」と述べ、辞任を促すよう要求。首相は「人事は組織委で決める。私は判断を尊重する立場だ」と拒絶した。

首相は、失言を受けた国際オリンピック委員会(IOC)の対応にも言及。「『森会長は謝罪し、IOCはこの問題は終了したと考えている』と表明している」と指摘した。

衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=8日、国会内衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=8日、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国会 日本