富士山LRT、構想案了承=住民と意見交換へ―山梨県

政治・外交

富士山の麓と5合目を結ぶ登山鉄道に関する山梨県の有識者検討会は8日、東京都内で総会を開き、県の有料道路「富士スバルライン」上に、次世代型路面電車(LRT)を敷設する構想案を了承した。県は案に基づき、地元住民らと意見交換する。

長崎幸太郎知事は総会後、記者団に対し「地元に対して相談する出発点に立てた」と強調。また、実現に向けて国と連携する考えを示した。

富士山への来訪者増加による環境負荷を軽減するため、構想案は交通手段の見直し策として、LRTの敷設が最も優位と評価。事業費用は約1400億円、往復運賃1万円で年間300万人が利用することを想定し、「事業成立の可能性は高い」と見込んでいる。

オンラインも併用し行われた富士山登山鉄道構想に関する有識者検討会の総会。右手前は山梨県の長崎幸太郎知事=8日午後、参院議員会館オンラインも併用し行われた富士山登山鉄道構想に関する有識者検討会の総会。右手前は山梨県の長崎幸太郎知事=8日午後、参院議員会館

富士山登山鉄道構想に関する有識者検討会の総会であいさつする山梨県の長崎幸太郎知事=8日午後、参院議員会館富士山登山鉄道構想に関する有識者検討会の総会であいさつする山梨県の長崎幸太郎知事=8日午後、参院議員会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 運輸政策 日本