アルペン会長を逮捕=強制わいせつ致傷容疑など―愛知県警

社会

名古屋市の宿泊施設で、女性(42)の首を絞め体を触ったなどとして、愛知県警中署は10日、強制わいせつ致傷や窃盗などの疑いで、スポーツ用品販売大手「アルペン」会長の水野泰三容疑者(72)=名古屋市東区白壁=を逮捕した。

県警によると、水野容疑者は「女性と口論になり、もみ合いになったが、暴力は振るっていないし、わいせつなこともしていない。金も盗んでいない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は昨年11月29日午後0時15分~同1時ごろ、名古屋市中区の宿泊施設の客室で、女性の背後から首を絞め、床に押し倒して馬乗りになり、体を触るなどして腰椎捻挫など3週間のけがをさせた上、女性の所持金10万円と運転免許証を盗むなどした疑い。

県警によると、女性が被害届を出し、防犯カメラの分析などで同容疑者が浮上したという。

アルペンは東証1部上場で、スキーやゴルフ用品の販売を手掛け、スポーツデポなどの店舗を全国展開している。水野容疑者は創業者で、2016年、長男の敦之氏の社長就任に伴い会長に退いた。

アルペンの広報担当者は「事実確認中で、コメントできない」としている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 東海 愛知県 名古屋市