東京五輪組織委の森会長、辞任へ=12日表明―女性蔑視発言で引責

スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言の責任を取り、辞任する意向であることが11日分かった。森氏は武藤敏郎事務総長ら組織委幹部に辞意を伝達。同日協議し、了承されたものとみられる。関係者によると、大会スポンサーへの影響を懸念し、周囲に「辞めるつもりだ」と述べたという。後任は組織委評議員で日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏(84)とすることで、関係者が調整に入った。

組織委は12日午後3時から理事と評議員、監事を集めた臨時会合「合同懇談会」を開き、森会長の不適切発言と今後の男女共同参画に関する取り組みについて意見を聞くとしている。森氏はこの席で辞意を表明するとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本