森会長が辞任表明=後任の候補者検討委設置―川淵氏に政府難色・東京五輪組織委

政治・外交

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が12日、女性蔑視発言の責任を取って辞任する意向を表明した。同日、東京都内で開かれた理事と評議員、監事を集めた臨時の「合同懇談会」で「私の不適切な発言が原因で大変混乱させてしまった。五輪開催の準備に、私がいることが妨げになってはいけない」と述べた。

合同懇談会では、新会長選出に向けた候補者検討委員会を設置することを決めた。委員長には御手洗冨士夫名誉会長が就く。武藤敏郎事務総長は記者会見で「後任会長を早急に決める必要がある。国民にとって透明性のあるプロセスでなければならない」と語った。菅義偉首相は首相官邸で「国民や世界に歓迎され、ルールと透明性に基づいて決定されるべきだ」と述べた。

後任候補に橋本聖子五輪担当相が浮上している。他にオリンピアンの小谷実可子氏、山口香氏、高橋尚子氏、室伏広治スポーツ庁長官らの名前も取り沙汰されている。

11日、森氏に後任を依頼された組織委評議員で日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏(84)は就任に前向きな姿勢を示していたが、首相官邸が難色を示した。川淵氏は12日に一転して辞退した。

東京五輪・パラリンピック組織委の理事、評議員らの合同懇談会で辞任を表明し、一礼する森喜朗会長(右)=12日午後、東京都中央区(代表撮影)東京五輪・パラリンピック組織委の理事、評議員らの合同懇談会で辞任を表明し、一礼する森喜朗会長(右)=12日午後、東京都中央区(代表撮影)

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の辞任表明について、記者の取材に応じる菅義偉首相=12日夜、首相官邸東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の辞任表明について、記者の取材に応じる菅義偉首相=12日夜、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文教政策 日本