菅首相長男「利害関係者」該当も=接待問題で総務省―衆院予算委

政治・外交

菅義偉首相の長男による総務省幹部接待問題をめぐり、同省の原邦彰官房長は15日の衆院予算委員会で、長男について「国家公務員倫理規程上の利害関係者に該当する疑義は否定できない」との認識を示した。立憲民主党の今井雅人氏への答弁。

同省幹部4人は2016年以降、首相の長男と延べ12回にわたり会食。タクシーチケットなどを受け取っていた。長男が勤務する東北新社は同省が許認可権を持つ衛星放送事業などを手掛けている。

接待を受けたとされる秋本芳徳情報流通行政局長は他の衛星放送事業者の関係者と同じような頻度で会食したことがあるかを問われ、「ない」と答弁。今井氏が「(長男への)特別扱いだ」と指摘したのに対し、首相は「誰であっても国民から疑念を抱かれる行動は控えるべきだ」と述べた。

秋本氏は長男との会食について「深く反省している」と述べる一方、「(出席者本人またはその両親のいずれかが)東北出身者の懇親会という色彩が強かった」と釈明した。立憲の近藤和也氏らへの答弁。

◇森氏後継、報道先行に危惧=菅首相

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の辞任表明に関し、首相は辞任報道と同じタイミングで後継人事が報じられたことについて「あたかも決まったような形で報道が流れたので大変な危惧を覚えた」と説明。その上で「ルールに基づいて透明な形で決めるべきだと(組織委に)強く申し入れた」と明らかにし、後継人事への介入を認めた。立憲の大河原雅子氏への答弁。

衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=15日午後、国会内衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=15日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国会 日本