コロナ患者、838人未集計=確認ボタン押し忘れ―東京都

社会 暮らし 政治・外交

東京都は15日、新型コロナウイルスの感染者数について、年末年始を中心に計838人分の集計漏れがあったことを明らかにした。いずれも、厚生労働省の感染者情報共有システムに入力されたデータについて、保健所が「確認済」ボタンを押し忘れていたことが原因。当時、都内の感染者は急増しており、都は「業務の増大によりミスが発生した」としている。

福祉保健局によると、集計漏れがあったのは18の保健所。昨年11月18日~今年1月31日にかけ、葛飾区保健所で390人、池袋保健所(豊島区)で228人、渋谷区保健所で96人などが都に報告されていなかった。

このシステムでは医療機関が患者発生情報を直接入力するか、医療機関からの届けを基に保健所が入力する2種類の方法がある。両方とも、最終的に保健所職員が情報に不備がないと判断し「確認済」ボタンを押すことで都への報告になるが、押されずに情報が滞留する事例が相次いでいた。

未集計分は、医師が陽性確認した日を都への報告日として追加。15日現在の累計感染者は10万7609人となり、過去最多を記録した1月7日は73人増え、2520人に修正された。

記者団の取材に応じる東京都の小池百合子知事=15日夜、都庁記者団の取材に応じる東京都の小池百合子知事=15日夜、都庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本 東京都