後任会長検討委、16日に初会合=五輪組織委

スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会が、女性蔑視発言の責任を取って辞任を表明した森喜朗会長の後任選出に向けた候補者検討委員会の第1回会合を16日に開くことが分かった。選考基準を決めて、17日に候補者を数人に絞る見通し。

候補者検討委は御手洗冨士夫名誉会長が委員長を務め、委員は理事会メンバーで1桁の人数、男女ほぼ半々でアスリート中心の構成になる。検討委のメンバーや選考過程について、組織委は後任の会長が決定するまで公表しないとしている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本