政府、孤独・孤立対策室設置へ

政治・外交 暮らし

坂本哲志地方創生担当相は16日の閣議後記者会見で、孤独・孤立問題対策室を週内にも新設する方針を明らかにした。新型コロナウイルスの影響で深刻化する社会的な孤独・孤立問題への対応に省庁横断で取り組み、新たな対策を打ち出すことを目指す。

菅義偉首相が12日に坂本氏に対し、孤独・孤立問題の総合調整に当たるよう指示した。対策室は内閣官房に設置し、厚生労働省や文部科学省から職員を集め、10人程度で構成する見通し。貧困、自殺などの課題に対応する。坂本氏は会見で「落選しているときに孤独感を非常に感じた」と自身の体験を紹介した。

自民、公明両党も孤独・孤立対策に関する専門組織を近く立ち上げる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 行政一般(政治欄向け) (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本