中国船、新たに領海侵入=二手に分かれ日本漁船追う―沖縄・尖閣沖

政治・外交

沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で15日から16日にかけ、中国海警局の「海警」4隻が約23時間にわたり日本の領海に侵入した。日本漁船に接近しようとしたため、海上保安庁の巡視船が安全を確保し、領海外へ出るよう警告した。

第11管区海上保安本部(那覇市)によると、海警2隻が15日午後1時半ごろ、南小島南南東の領海に侵入。さらに別の2隻が16日午前4時15分ごろ大正島南南東の領海に侵入した。4隻はいずれも同日午後0時20分ごろまでに領海を出た。

2隻ずつに分かれた海警は、操業中の日本漁船2隻への接近を繰り返したり、付近にとどまったりした。

中国は今月、海警局への武器使用を認める「海警法」を施行し、尖閣周辺海域は緊張が高まっている。海警4隻の中にはこれまで同様に砲を備えた艦船が含まれており、加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、「国際法違反」として中国側に連日抗議していると明らかにした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 中国 日本 沖縄