国際司法裁に付託を=元慰安婦が要求―韓国

社会

【ソウル時事】韓国の元慰安婦、李容洙さん(92)は16日、ソウルで記者会見し、慰安婦問題を国際司法裁判所(ICJ)に付託するよう文在寅大統領に要求した。李さんは「(韓国)政府が国際法で日本の罪を明らかにしてほしい」と訴えた。

別の元慰安婦が原告となった裁判では、ソウル中央地裁が1月に日本政府に賠償を命じる判決を下し、判決は確定。李さんは「日本は判決を無視している。居直って、裁判所が国際法に違反したと言い張っている」と主張した。

李さんは「国際司法裁で公正な判断を受け、完全に解決し、両国が親しくなればいい」と強調した。文大統領は1月の判決について「困惑した」と述べ、2015年の日韓合意を「政府間の公式合意だ」と確認している。

韓国外務省報道官は「慰安婦被害者の立場を聴取してみる。国際司法裁への付託問題は慎重に検討していく」と述べるにとどめた。

16日、ソウルで記者会見する韓国の元慰安婦、李容洙さん(AFP時事)16日、ソウルで記者会見する韓国の元慰安婦、李容洙さん(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 韓国