髪黒染め、校則・指導は「適法」=名簿不記載で府に賠償命令―大阪地裁

社会 暮らし

在学していた大阪府立高校で、校則で禁じられた茶髪を黒く染めるよう教諭らから強要され、不登校になるなど精神的苦痛を受けたとして、女性(21)が約220万円の損害賠償を府に求めた訴訟の判決が16日、大阪地裁であった。横田典子裁判長は校則や頭髪指導は適法とした上で、不登校となった後に生徒名簿に氏名を載せなかったことなどについて、府に33万円の支払いを命じた。

横田裁判長は「校則は社会通念に照らして合理的な内容で、頭髪指導は学校教育法上の正当な目的に基づく」と述べ、いずれも違法性を認めなかった。地毛が茶髪だとの女性側主張も退けた。

一方、3年生進級時に女性をクラス名簿に記載せず、教室に席を置かなかったことについて「著しく相当性を欠き、裁量権の範囲を逸脱している」と指摘した。

判決によると、女性は2015年4月に府立懐風館高校(羽曳野市)に入学。校則に違反しているとして、髪を黒く染めるよう繰り返し指導され、2年生だった16年9月以降に不登校となった。

女性の代理人弁護士は記者会見し「残念で責任を感じている。地毛が黒色とは不当な事実認定だ」と話した。府教育庁は「校則や指導の在り方について主張が認められた。(氏名不記載は)今後このようなことがないよう取り組む」とのコメントを出した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 教育 暮らし 日本 大阪府