接待疑惑、幹部4人処分へ=「一日も早く調査」―武田総務相

政治・外交 社会

武田良太総務相は16日の衆院本会議で、総務省幹部4人が放送関連会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男らから接待を受けていた疑惑をめぐり、「一日も早く調査を終え、処分を行い、その結果について関係法令に基づき公表する」と述べた。立憲民主党の神谷裕氏への答弁。

問題となっている幹部4人は、谷脇康彦、吉田真人の両総務審議官と秋本芳徳情報流通行政局長、湯本博信官房審議官。4人は昨年10月から12月にかけて、同社幹部や首相の長男とそれぞれ会食し、その費用を負担してもらっていたほか、タクシーチケットなどを受け取っていた。

東北新社は総務省が許認可権を持つ衛星放送事業などを手掛けており、同社関係者からの接待は国家公務員倫理法に抵触する可能性がある。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 電気通信政策 国会 社会一般 社会 日本