救急中止「早く復旧を」=断水、施設損傷で―唯一の総合病院、宮城・山元町

社会 暮らし

福島県沖で発生した地震で震度6弱に襲われた宮城県山元町では、町で唯一の総合病院である国立病院機構「宮城病院」(病床数344)が被災し、外来や救急患者の受け入れができなくなった。断水や施設損傷により外来再開まで1週間ほどかかる見込みで、住民からは早い復旧を望む声が聞かれた。

病院によると、外来棟にある救急外来の壁が崩れたほか、スプリンクラーの配水管などが破損し漏水。外来患者用のベッドや医療機器がぬれて使えなくなった。特に救急車の搬入口の柱の損傷がひどく、救急外来の再開のめどは立っていない。久永欣哉副院長は「この病院は地域医療の要としての役割がある。別なスペースを確保して早く救急対応ができるようにしたい」と力を込めた。

入院中の患者約260人にけがはなかったが、断水のため食事は非常食に切り替えた。飲料水は給水車から確保しているが、「人工呼吸器の維持やトイレなど清潔を保つために水は欠かせず、困っている」(久永副院長)という。

病院を利用したことのある30代女性は「困る人も多いと思うので、早く復旧してほしい」と心配そうに話した。町内では約300戸で断水が続いており、町は17日以降も水道管の修復作業などを進める。

地震の影響で壁が崩れるなどの被害を受けた宮城病院の院内=16日午後、宮城県山元町地震の影響で壁が崩れるなどの被害を受けた宮城病院の院内=16日午後、宮城県山元町

地震の被害を受け、復旧作業が進む宮城病院の院内=16日午後、宮城県山元町地震の被害を受け、復旧作業が進む宮城病院の院内=16日午後、宮城県山元町

取材に応じる宮城病院の久永欣哉副院長。手前は非常用飲料水=16日午後、宮城県山元町取材に応じる宮城病院の久永欣哉副院長。手前は非常用飲料水=16日午後、宮城県山元町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 健康・医療 日本 東北 宮城県