医療者ワクチン接種始まる=高齢者クーポン発送遅れも―新型コロナ

社会 暮らし

新型コロナウイルスのワクチン接種が17日、国内で始まった。全国の国立病院など100カ所の医師や看護師ら約4万人が先行接種の対象で、来週には全ての施設で始まる見通し。同日は東京都内の病院など8施設で125人に接種されたが、厚生労働省によると、重大な副反応やトラブルはない。今後、国民への接種が順調に進めば、大半の人が免疫を獲得することによる流行収束も期待される。

厚労省は同日、優先して接種を受ける65歳以上の高齢者への接種券(クーポン券)発送が当初想定の「3月中旬以降」から遅れる恐れがあることを明らかにした。同日の自治体向け説明会で示した。ワクチンの十分な供給が見込めないためで、接種スケジュールは流動的な状態が続く。

先行接種で使われるのは米製薬大手ファイザー製のワクチン。遺伝情報を記録した「メッセンジャーRNA」の一部を人工合成した新たなタイプで、零下70度で保管する必要がある。原則3週間の間隔を空け2回接種する。同社の臨床試験(治験)で95%の予防効果が確認され、日本の治験でも有効性が認められたため、14日に薬事承認された。

国内で初めて新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける国立病院機構東京医療センターの新木一弘院長(左)=17日午前、東京都目黒区国内で初めて新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける国立病院機構東京医療センターの新木一弘院長(左)=17日午前、東京都目黒区

注射器に吸入される新型コロナウイルスのワクチン=17日午前、東京都目黒区の国立病院機構東京医療センター注射器に吸入される新型コロナウイルスのワクチン=17日午前、東京都目黒区の国立病院機構東京医療センター

新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける医療従事者(奥左)。手前は経過観察のため待機する人=17日午前、東京都目黒区の国立病院機構東京医療センター新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける医療従事者(奥左)。手前は経過観察のため待機する人=17日午前、東京都目黒区の国立病院機構東京医療センター

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本