丸山島根知事、聖火リレー中止を検討=コロナ対応批判、1カ月程度で判断

政治・外交 スポーツ

島根県の丸山達也知事は17日、県内で5月に予定されている東京五輪・パラリンピックの聖火リレーの中止を検討していると表明した。丸山氏は、政府や東京都の新型コロナウイルス対応を批判。聖火リレーが3月25日に福島県から始まることを念頭に「状況の推移を1カ月程度見て、改めて(実施の可否を)判断したい」と述べた。

丸山氏は県庁で開かれた聖火リレーの実行委員会で方針を表明。会合後記者団に、東京五輪について「現在の状況では開催すべきではない」と強調し、都が感染経路を追跡する「積極的疫学調査」の縮小を決めたことなどを理由に挙げた。

東京五輪・パラリンピックの聖火リレー中止の検討を表明する島根県の丸山達也知事=17日午後、同県庁東京五輪・パラリンピックの聖火リレー中止の検討を表明する島根県の丸山達也知事=17日午後、同県庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) オリンピック一般もの スポーツ 日本 東京都 中国 島根県