新五輪相に丸川氏再登板=菅首相、橋本氏に期待表明

政治・外交

菅義偉首相は18日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長に就任した橋本聖子五輪担当相(56)の閣僚辞任を認め、後任に同じ自民党の丸川珠代元五輪相(50)を起用した。丸川氏は男女共同参画担当相も兼務。皇居での認証式を経て就任した。

首相は橋本氏の会長就任について「国民の皆さんや世界から歓迎される安全安心の大会に向けて全力を尽くしていただきたい。政府としてはしっかり応援したい」と述べ、五輪成功への期待を表明。丸川氏起用に関しては「女性として若い発想で安全安心の大会をぜひ実現してほしい」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

橋本氏は新会長就任に先立ち、官邸に首相を訪ね、閣僚の辞表を提出した。首相はこの後、丸川氏を官邸に呼び、五輪相起用を伝えた。

五輪憲章は組織委会長に政治的中立を求めている。橋本氏は就任会見で、自民党を離党するかどうかについて明言を避けた。参院議員として会長の職務に当たることに国際オリンピック委員会(IOC)などの理解は得られているとして、議員辞職はしない意向を明らかにした。

大臣規範は閣僚が公益法人の役職員を兼職することを禁じており、閣僚辞任が必要となった。国会開会中の閣僚交代となるため、政府・与党は経験者である丸川氏の起用により審議への影響を極力抑えたい考えだ。菅内閣の女性閣僚は引き続き2人となる。

丸川氏は18日夜の就任会見で東京五輪について、「何よりも大切なのは(新型コロナウイルス)感染症対策だ。対策が万全でなければ国民の大会開催への理解は得られない」と強調。「主催都市あっての五輪だ。東京都の小池百合子知事との連携は非常に重要だ」と述べた。

丸川氏は参院東京選挙区選出で当選3回。民放アナウンサーを経て政界に入り、環境相や五輪相を歴任。入閣に伴い党広報本部長は辞任する。

皇居での認証式を終え、菅義偉首相(右)と記念撮影する丸川珠代五輪担当相=18日夜、首相官邸皇居での認証式を終え、菅義偉首相(右)と記念撮影する丸川珠代五輪担当相=18日夜、首相官邸

就任の記者会見に臨む丸川珠代五輪担当相=18日夜、東京都千代田区就任の記者会見に臨む丸川珠代五輪担当相=18日夜、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本