橋本会長、一転自民離党へ=「中立保てぬ」懸念受け

政治・外交

東京五輪・パラリンピック組織委員会会長に就任した橋本聖子参院議員は19日午後、自民党籍を維持したままでは五輪憲章が掲げる「政治的中立」を疑問視されかねないとして、党執行部に離党届を提出した。議員は続ける。橋本氏は同日午前、いったんは離党しない考えを示したが、与野党から翻意を促す声が上がり、方針を転換した。

橋本氏は女性蔑視発言で辞任した森喜朗前会長の後継として18日に就任したばかり。国内外で大会成功に向けた手腕に期待が高まっているが、出だしからつまずいた形となった。

橋本氏は離党届提出後、党本部で記者団に「国際オリンピック委員会(IOC)は政党の議員として活動するのは問題ないとのことだったが、さまざまな声を聞く中で、国民に理解していただくことはできないと判断した」と説明。大会終了後に復党したいとの考えも示した。

橋本氏は19日午前、自民党の二階俊博幹事長と党本部で面会した後、離党する考えはないと記者団に表明。議員辞職した吉川貴盛元農林水産相の後任として就いた党北海道連会長のポストも「引き続き受けさせていただく」と明言した。

これに対し、立憲民主党の安住淳国対委員長はあいさつに訪れた橋本氏に「(党籍維持は)五輪憲章に違反する。まして年内に衆院選もあり、五輪の政治利用になる」と懸念を伝えた。この後の代議士会では菅義偉首相を追及する姿勢を示した。

自民党に離党届を提出し、記者団の質問に答える東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長=19日午後、東京・永田町の同党本部自民党に離党届を提出し、記者団の質問に答える東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長=19日午後、東京・永田町の同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本