ホンダ次期社長に三部専務=電動化加速、八郷社長は取締役に―4月1日

経済・ビジネス

ホンダは19日、三部敏宏専務(59)が社長に昇格する人事を発表した。八郷隆弘社長(61)は代表権のない取締役に退く。いずれも4月1日付。6年ぶりのトップ交代で、環境技術に精通した三部氏が電気自動車(EV)など電動化対応を進める。

三部氏はエンジン開発などの部門が長く、2019年には研究開発子会社の本田技術研究所社長に就任。電動化や自動運転などの次世代技術「CASE」対応で中心的な役割を担い、八郷氏とともに開発部門の再編などにも着手した。

三部氏は19日に東京都内の本社で記者会見し、「外部知見の活用やアライアンスの検討も実行する」と述べ、他社との提携に前向きな姿勢を示した。50年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」と「交通事故死者ゼロ」を実現する方針も示した。

社長交代会見で抱負を語るホンダの三部敏宏専務=19日午後、東京都港区の本社社長交代会見で抱負を語るホンダの三部敏宏専務=19日午後、東京都港区の本社

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 人事