友好の塩、米西海岸でチーズに=岩手・陸前高田の漂着船が縁―東日本大震災10年

社会 暮らし

米カリフォルニア州クレセントシティの老舗チーズ会社が、岩手県陸前高田市の塩を使ったチーズづくりに取り組んでいる。両市は、東日本大震災による津波で流された1隻の船が縁となり、姉妹都市協定を締結。チーズ販売で得た資金を青少年交流の費用に充てる計画で、両市の友情は草の根レベルで深まっている。

2013年4月、カリフォルニア州最北端の港町に、フジツボと泥で覆われた船が流れ着いた。船は2年以上かけて米西海岸に漂着した岩手県立高田高校の実習船「かもめ」と判明。地元のデルノーテ高校の生徒たちによって清掃され、同年10月に陸前高田に返還された。

両市はこれをきっかけに交流を始め、18年に姉妹都市協定を結んだ。クレセントシティを抱えるデルノーテ郡議会のクリス・ハワード議長(50)は、ビジネスや文化などの面で「想像を超える関係が育まれた」と指摘。「『かもめ』が運んできた希望を共有し、永続的な友情を構築したい」と語る。

交流に刺激を受けた地元企業の一つが、創業100年のルミアーノ・チーズ社だ。同社は友好を象徴する商品開発を進め、少量の塩から製造できるハードチーズに着目。岩手原産の塩を材料に、数々の受賞歴を誇る同社伝統の技をつぎ込んだ「KAMOME」を完成させた。

ただ、陸前高田では塩がつくられていなかったため、使われたのは岩手県野田村産。友好から生まれたチーズは、陸前高田産の塩でつくってほしい―。ルミアーノ社の努力に呼応する活動が、今度は陸前高田で浮上した。

動いたのは、震災後に愛知県から陸前高田に移り住んだ坪井奈穂美さん。まきストーブで地元の海水から塩をつくるプロジェクトを開始し、クラウドファンディングで約66万円を調達して昨年12月までに約11キロをクレセントシティに送った。

ルミアーノ社は、10カ月以上かけてチーズをつくり、今年の年末商戦で売り出す計画だ。この塩から約1000キロのチーズを製造できるといい、3代目オーナーのベアード・ルミアーノ社長(70)は「得られた資金はすべて両市の高校(の交流)に使ってもらう。1万ドル(105万円)程度になると思う」と話す。

ルミアーノ社長は「(米国の塩と比べ)日本の塩は風味が良い。熟成によって甘味が出る」と出来上がりに期待を寄せている。(クレセントシティ=米カリフォルニア州=時事)。

米カリフォルニア州クレセントシティに漂着し、地元の高校生によって清掃された実習船「かもめ」(写真上)。写真下は漂着直後(クリス・ハワード氏提供・時事)米カリフォルニア州クレセントシティに漂着し、地元の高校生によって清掃された実習船「かもめ」(写真上)。写真下は漂着直後(クリス・ハワード氏提供・時事)

岩手県陸前高田市との姉妹都市協定書を持つ米カリフォルニア州デルノーテ郡議会のクリス・ハワード議長=14日、同州クレセントシティ岩手県陸前高田市との姉妹都市協定書を持つ米カリフォルニア州デルノーテ郡議会のクリス・ハワード議長=14日、同州クレセントシティ

「KAMOME」と名付けたチーズを持つルミアーノ・チーズのベアード・ルミアーノ社長=14日、米カリフォルニア州クレセントシティ「KAMOME」と名付けたチーズを持つルミアーノ・チーズのベアード・ルミアーノ社長=14日、米カリフォルニア州クレセントシティ

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 食=美食・食の安全 日本 東北 岩手県 米国