政務官「発信強化に努める」=「竹島の日」で記念式典―島根県

政治・外交

島根県が竹島(隠岐の島町)の領有権確立を目指して条例で定めた「竹島の日」の記念式典が22日、県などの主催により松江市内で開かれた。政府代表として出席した内閣府の和田義明政務官は式典で「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかにわが国固有の領土」と強調。その上で「わが国の立場について正確な理解が浸透し、解決に向けて前進するよう、発信の一層の強化に努めていく」と述べた。

政府は、竹島の領有権を解説するサイトの刷新、地方巡回展の開催などに取り組んでいる。丸山達也知事も「県として、今後も啓発に努め、調査研究をさらに進める」とあいさつした。

「竹島の日」記念式典であいさつする内閣府の和田義明政務官=22日午後、松江市「竹島の日」記念式典であいさつする内閣府の和田義明政務官=22日午後、松江市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 建設・国土政策 外交 行政一般(政治欄向け) 日本 中国 島根県 松江市 韓国