新たに8人の参加判明=接待問題、24日にも報告書―総務省

政治・外交

総務省幹部4人が放送関連会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男らから接待を受けていた問題で、同省は22日、国家公務員倫理規程に違反する疑いがある会食に参加していたのは計12人延べ38件だったと発表した。幹部4人に加え、新たに職員8人が過去に同社関係者と会食し、費用を負担してもらっていた。同省は国家公務員倫理審査会の承認を得た上で、24日にも調査結果と処分の内容を明らかにする。

接待がすでに判明している幹部4人は、谷脇康彦、吉田真人両総務審議官と秋本芳徳前情報流通行政局長と湯本博信前官房審議官。

同省によると、4人が首相の長男ら東北新社側と会食したのは、2016年7月から昨年12月にかけて延べ19件。会食の回数は谷脇氏が4件で費用は計11万8439円、吉田氏が5件で計6万5661円、秋本氏が7件で計10万3276円、湯本氏が3件で計2万9014円。

このうち昨年の会食では手土産なども受け取っていた。武田良太総務相は「懲戒処分が必要なら速やかに行う」と述べ、幹部4人を厳しく処分する考えを示している。

新たに倫理規程違反の疑いがある会食に参加していたことが判明したのは、課長ら8人。同省は22日の衆院予算委員会に調査結果の概要を報告した。

国会に入る谷脇康彦総務審議官=22日午後国会に入る谷脇康彦総務審議官=22日午後

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本