釜石ラグビー、市民と共に=桜庭吉彦さん「同じ目標、大きな財産」―震災10年

スポーツ

東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県釜石市。かつてラグビー日本選手権で新日鉄釜石が7連覇を達成し、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の開催地にもなった「ラグビーの町」として知られる。新日鉄釜石の流れをくむクラブチーム、釜石シーウェイブス(SW)のゼネラルマネジャーを務める桜庭吉彦さん(54)は、震災後の10年をこう振り返る。「W杯という同じ目標に向かって進めた。これは大きな財産になった」

震災直後の光景は、ありありと覚えている。がれきの中で選手と一緒にボランティア活動に打ち込みながら、「惨状を目の当たりにして、本当に再生できるのか不安になった。ラグビーどころじゃないと思った」。しばらくして19年W杯の開催地に立候補しようという機運が高まっても、「それが正しいことなのか」と懐疑的だったという。

だが、多くの市民から「ラグビーで元気にして」と声を掛けられ、「W杯を招致することが復興を加速することにつながる」との思いに変わった。W杯のアンバサダーとして広報活動に奔走。津波の被害が大きかった鵜住居地区に建設された「釜石鵜住居復興スタジアム」が復興のシンボルとなり、W杯は大成功を収めた。「たくさんの笑顔が会場と町で見られた。非常にうれしい瞬間だった」。感慨深い記憶だ。

W杯の招致に成功して以降、釜石SWのジュニアチームに加入する子どもたちは増える一方。新型コロナウイルスの拡大という逆風はあったが、市民のラグビー熱は冷めていないと感じている。トップチームは22年1月に開幕予定の新リーグ参戦に向け、着々と準備中。「地方を代表するチームとしての役割は大きい。リーグの成功に貢献できるように強くして、10年後にはチャンピオンを争うチームになりたい」。今後も市民と共に、夢に向かって歩んでいく。

釜石鵜住居復興スタジアムで行われた釜石シーウェイブスとクボタの練習試合=2020年10月10日、岩手県釜石市(釜石シーウェイブス提供)釜石鵜住居復興スタジアムで行われた釜石シーウェイブスとクボタの練習試合=2020年10月10日、岩手県釜石市(釜石シーウェイブス提供)

ラグビーのクラブチーム、釜石シーウェイブスの桜庭吉彦ゼネラルマネジャー(釜石シーウェイブス提供)ラグビーのクラブチーム、釜石シーウェイブスの桜庭吉彦ゼネラルマネジャー(釜石シーウェイブス提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ ラグビー 日本 東北 岩手県