刃物男に警官発砲、死亡=路上で「刺してやろうか」―富山

社会

22日午前3時40分ごろ、富山市飯野の路上で、110番で駆け付けた富山県警の警察官が包丁を持った男に1発発砲した。弾は胸部に命中し、男は搬送先の病院で死亡が確認された。

県警によると、死亡したのは同所の無職の男(38)。警察官に向かい、「刺してやろうか」と言いながら包丁を突き出したという。

発表では、同20分すぎ、男の自宅から意味不明の110番があり、同30分には男の母親に通報を頼まれた近隣住民から「男が暴れている」との110番があった。

富山中央署地域課の巡査部長と巡査の2人が現場に向かったところ、路上に包丁を持った男がおり、「包丁を捨てろ、撃つぞ」などと警告。男がそのまま近づいてきため、巡査部長が発砲したという。

富山中央署の奥村武志副署長の話 適正な職務執行だったと考えている。お亡くなりになったことは大変残念で、ご冥福をお祈りいたします。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 警察・治安 日本 北陸 富山県 富山市