逃亡手助けの親子起訴=米から移送、ゴーン被告事件―東京地検

社会

日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(67)の国外逃亡を助けたとして、東京地検特捜部は22日、犯人隠避罪で米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」元隊員で米国籍のマイケル・テイラー容疑者(60)と息子のピーター容疑者(28)を起訴した。地検は2人の認否を明らかにしていない。

起訴状などによると、両容疑者らは2019年末、海外渡航禁止の条件でゴーン被告が保釈されたことを知りながら、同被告を楽器箱に隠し、関西空港からプライベートジェット(PJ)に乗せて国外への逃亡を手助けしたとされる。

地検は昨年1月、犯人隠避容疑などで両容疑者の逮捕状を取得。米当局は同5月、日米犯罪人引き渡し条約に基づく日本政府の要請を受け、2人の身柄を拘束した。移送をめぐる裁判所の審理などを経て、2人は今年3月初め、民間機で米国から日本に移送されていた。

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告=レバノン・ベイルート近郊(AFP時事)日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告=レバノン・ベイルート近郊(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 米国