2月の白物家電、16.4%増=「巣ごもり」で5カ月プラス

経済・ビジネス

日本電機工業会が22日発表した2月の白物家電(民生用電気機器)の国内出荷金額は、前年同月比16.4%増の1916億円となった。前年同月を上回るのは5カ月連続。新型コロナウイルス感染拡大に伴う「巣ごもり消費」や清潔意識の高まりを背景に、家庭用エアコンや空気清浄機などの出荷が高水準を維持した。

製品別の出荷金額は、家庭用エアコンが12.5%増、冷蔵庫が18.2%増、洗濯機が18.2%増と、いずれも5カ月連続のプラスとなった。感染防止に有効とされる空気清浄機は、花粉症対策も重なって2倍となり、加湿器も6割増加した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本