河井元法相、一転選挙買収認める=議員辞職を表明―「全ての責任は私に」・東京地裁

社会

2019年参院選をめぐる大型買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)罪に問われた衆院議員の元法相、河井克行被告(58)の公判が23日、東京地裁(高橋康明裁判長)であり、初の被告人質問が行われた。克行被告は地元広島の議員や首長、後援会関係者に対する現金提供について、「妻の当選を得たいという気持ちが全くなかったとは言えない」と述べ、選挙買収だったと一転して認めた。

主張を翻した理由を「認めるべきことは認めることが、政治家としての責任の取り方だと考えるに至った」と説明。「取り返しのつかないことをした。全ての責任は私にある」として議員辞職する意向を表明した。

地元議員らへの現金提供について「全体的に(選挙買収の成立を)争うことはしない」と話す一方、妻の案里元参院議員(47)=有罪確定、議員辞職=との共謀は否定。陣営スタッフへの現金提供も「買収に当たらない」と一部無罪を主張した。

克行被告はこれまで、地元議員ら100人に対する現金提供をおおむね認める一方、買収の意図はなかったとして全面無罪を主張していた。自身が選挙を取り仕切る「総括主宰者」だったことも否定していたが、被告人質問では「自民党広島県連が果たすべき役割を代行せざるを得なかったのは事実。総括主宰者と評価されても致し方ない」と述べた。

東京地裁に入る河井克行被告=23日午前、東京都千代田区(代表撮影)東京地裁に入る河井克行被告=23日午前、東京都千代田区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 東京都