元保護者会長、二審も無期懲役=千葉・松戸女児殺害―東京高裁

社会

千葉県松戸市の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)、ベトナム国籍=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた小学校の元保護者会長、渋谷恭正被告(49)の控訴審判決が23日、東京高裁であり、平木正洋裁判長は無期懲役とした一審千葉地裁の裁判員裁判判決を支持し、検察側、弁護側双方の控訴を棄却した。

弁護側は一審に続き「被告は犯人ではない」と無罪を訴え、千葉県警の捜査手法に違法性があったと主張。検察側は、死刑が相当だとしていた。

殺害されたレェ・ティ・ニャット・リンさん殺害されたレェ・ティ・ニャット・リンさん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 千葉県 ベトナム