「女性・女系」論点整理へ=皇位有識者会議が初会合

政治・外交 社会

政府は23日、安定的な皇位継承の在り方を検討する有識者会議の初会合を首相官邸で開いた。菅義偉首相が出席し、意見集約ではなく継承策に関する論点整理を要請。慎重に取り扱う姿勢を示した。当面は会議メンバー以外の専門家からのヒアリングを行う予定で、女性・女系天皇や女性宮家創設の是非が焦点となる。

専門家から聴取するのは10項目。女性・女系天皇のほか、天皇や皇族の役割・活動、元女性皇族による皇室活動の支援、養子縁組による旧皇族の皇籍復帰などについて意見を聴く。

首相は冒頭、「国家の基本に関わる極めて重要な事柄だ。十分議論し、さまざまな考え方を分かりやすい形で整理していただきたい」と強調。会議の論議を踏まえて対応していく方針を示した。

安定的な皇位継承の在り方を検討する有識者会議の初会合であいさつする菅義偉首相(右から2人目)。右端は清家篤座長=23日午後、首相官邸安定的な皇位継承の在り方を検討する有識者会議の初会合であいさつする菅義偉首相(右から2人目)。右端は清家篤座長=23日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 皇室・王室 社会 日本