原発処理水、監視協力を要請=透明性確保でIAEAに―梶山経産相

経済・ビジネス 政治・外交

梶山弘志経済産業相は23日、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長とテレビ会談を行った。梶山氏は、東京電力福島第1原発事故後の処理水処分で政府が検討する海洋放出をめぐり、環境への影響監視などをIAEAが確認・検証して透明性を確保することへの協力を要請。グロッシ氏は応じる意向を示した。

梶山氏は会談で、処理水が環境や安全面に与える影響の有無をIAEAが検証し、結果を「国際社会に発信してほしい」と求めた。グロッシ氏は「日本はこの問題を解決できる。喜んで支援する」と応じた。

国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長とテレビ会談を行う梶山弘志経済産業相(手前右)=23日午後、東京・霞が関国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長とテレビ会談を行う梶山弘志経済産業相(手前右)=23日午後、東京・霞が関

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 環境行政(生物多様性も、統計類も) 日本 東北 福島県