対中政策で連携確認=茂木外相、米通商新代表と初会談

政治・外交

茂木敏充外相は23日夜、キャサリン・タイ米通商代表部(USTR)新代表とテレビ会議形式で会談した。両氏は、対中国政策で連携する方針を確認。中国による知的財産権侵害や国有企業への補助金など「市場歪曲(わいきょく)的な措置」を念頭に、日米が足並みをそろえ対抗する重要性を強調した。

経済安全保障の分野では、強靱(きょうじん)なサプライチェーン(供給網)の構築に向け、日米間で議論することでも一致した。

これに先立ち梶山弘志経済産業相もタイ氏と会談し、自由で公正な経済秩序の実現に向け協力していくことを確認した。タイ氏は代表に就任したばかりで、日本の閣僚と会談するのは初めて。

梶山氏との会談では、米国の反対によって上級委員会の委員が選出されず、機能不全に陥っている世界貿易機関(WTO)改革についても議論。日本、米国、欧州連合(EU)の貿易相会合などを通じ、協力していくことでも一致した。

米通商新代表とテレビ会議形式で会談する梶山弘志経済産業相=23日午後、東京都千代田区(経済産業省提供)米通商新代表とテレビ会議形式で会談する梶山弘志経済産業相=23日午後、東京都千代田区(経済産業省提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 マクロ経済政策 通商政策 中国 日本 米国