スエズ運河で大型船座礁=航路ふさぐ―愛媛の会社所有

社会

【カイロ、台北時事】エジプトのスエズ運河で23日、愛媛県の会社が所有する大型コンテナ船が座礁し、他の船舶が通行できなくなった。スエズ運河庁によれば、悪天候による視界不良と強い砂嵐が原因とみられる。

スエズ運河はアジアと欧州を結ぶ海上輸送の要衝。当局が24日からタグボート8隻を使って船を戻す作業を急いでいるが、全面復旧には時間を要する見通しで、国際的な物流が滞る恐れがある。

座礁したコンテナ船「エバーギブン」は全長400メートル、幅59メートルで、総トン数は約22万トン。2018年建造で、愛媛県今治市の正栄汽船が所有し、台湾の長栄海運が運航していた。

乗員に負傷者はいない。油漏れや積み荷の損傷なども確認されていない。

長栄海運によると、紅海から地中海に向けてスエズ運河を北上中だった。現地からの情報では、船は積み荷を載せたまま護岸にぶつかり、航路をふさいでいるため、多数の船舶が通行できない状態となっている。

24日、エジプトのスエズ運河で座礁した台湾の会社が運航する大型コンテナ船=地元当局提供(AFP時事)24日、エジプトのスエズ運河で座礁した台湾の会社が運航する大型コンテナ船=地元当局提供(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 エジプト 日本 台湾