北朝鮮、弾道ミサイル2発発射=菅首相「国連決議違反、強く非難」

政治・外交

政府は25日午前、北朝鮮から弾道ミサイル2発が発射されたと発表した。防衛省などによると、ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)外の日本海に落下した。菅義偉首相は「わが国と地域の平和、安全を脅かすものだ。国連(安全保障理事会の)決議違反で厳重に抗議し、強く非難する」と記者団に強調。日本側は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮側に抗議した。

また、首相は「これまで以上に警戒監視を強める」と表明。4月に予定する日米首脳会談で北朝鮮問題を取り上げ、バイデン米大統領と連携して対応する考えを示した。

弾道ミサイル発射を受け、首相は関係省庁に対し、(1)情報収集・分析に全力を挙げ、国民に迅速・的確な情報提供を行う(2)航空機、船舶などの安全確認を徹底する(3)不測の事態に備え、万全の態勢を取る―よう指示。この後、国家安全保障会議(NSC)を開き、関係閣僚と情報収集を急いだ。

加藤勝信官房長官は記者会見で、弾道ミサイル2発が北朝鮮東岸から東方向に発射され、それぞれ高度100キロ未満で約450キロの距離を飛行し、日本のEEZ外に落下したと説明。被害報告は確認されていないという。

韓国政府もNSC常任委員会を緊急開催し、「深い憂慮」を表明した。韓国軍合同参謀本部によると、ミサイルは咸鏡南道咸州一帯から発射された。

米インド太平洋軍は声明を発表し、近隣国や国際社会に及ぼす脅威を浮き彫りにしたと強調。「日本と韓国を防衛する米国の責務は、強固なままだ」と訴えた。

北朝鮮による弾道ミサイル発射は昨年3月29日以来。今月21日にも西岸で短距離巡航ミサイル2発を発射したばかりだった。

北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難する菅義偉首相=25日午前、首相官邸北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難する菅義偉首相=25日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 韓国 北朝鮮