北朝鮮「新型ミサイル発射成功」=正恩氏は立ち会わず

政治・外交

【ソウル時事】朝鮮中央通信は26日、北朝鮮の国防科学院が25日に新型戦術誘導ミサイルの発射実験を行い、「成功した」と伝えた。25日に日米などが発射を確認した短距離弾道ミサイルを指しているとみられる。金正恩総書記は発射実験に立ち会わなかった。

朝鮮中央通信によると、新型ミサイルはこれまでの戦術誘導ミサイルの核心技術を利用し、弾頭重量を2.5トンに改良。2発が発射され、日本海上に設定した600キロ先の目標を「正確に打撃した」という。国防科学院は「事前の予想通りで、発射実験は成功した」と主張した。

国防科学院は「エンジン噴出実験と発射実験を通じて、改良型固体燃料エンジンの信頼性を証明した」と強調。誘導ミサイルに採用された「低高度滑空跳躍型飛行方式の変則的な軌道特性」を再検証したとも訴えた。

発射したのは1月の軍事パレードで公開したロシア製の短距離弾道ミサイル「イスカンデル」に類似した新型ミサイルと推定される。

発射を視察した李炳哲朝鮮労働党書記は米国などを念頭に「この武器体系の開発は軍事力の強化と朝鮮半島に存在する軍事的脅威の抑制に大きな意義を持つ」と評価。同書記が正恩氏に発射実験結果を報告したという。

25日、北朝鮮の国防科学院が行った新型戦術誘導ミサイルの発射実験(朝鮮通信・時事)25日、北朝鮮の国防科学院が行った新型戦術誘導ミサイルの発射実験(朝鮮通信・時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 北朝鮮