21年度予算が成立=過去最大106兆円、コロナ対応

政治・外交

一般会計総額が106兆6097億円と過去最大の2021年度予算は26日の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。新型コロナウイルスの感染拡大に機動的に対応するための予備費5兆円を計上し、9年連続で過去最大を更新。予算成立を受け、与野党は秋までに行われる衆院選に向け、準備を本格化させる。

菅義偉首相は予算成立後、首相官邸で記者団にリバウンド(感染再拡大)防止や経済再生などを挙げ、「この予算の中でしっかり対応したい」と強調した。

21年度予算は、首相が看板政策に掲げる官民のデジタル化や、50年までの温室効果ガス実質ゼロの実現へ費用を確保。保健所の体制整備や医療機器の生産能力増強など感染拡大防止に向けた予算も盛り込んだ。

一方、少子高齢化に伴い社会保障費が増加し、防衛費も膨らんだのに対し、税収は減少。新規国債の発行額は7年ぶりに40兆円を超えた。

2021年度予算が可決、成立した参院本会議=26日午後、国会内2021年度予算が可決、成立した参院本会議=26日午後、国会内

参院本会議で2021年度予算が可決、成立し、一礼する(右から)菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相ら=26日午後、国会内参院本会議で2021年度予算が可決、成立し、一礼する(右から)菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相ら=26日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 国会 日本