スエズ運河座礁で謝罪=船所有会社が会見―愛媛

社会

スエズ運河で座礁した大型コンテナ船を所有する愛媛県今治市の「正栄汽船」が26日、同市内で記者会見し、桧垣幸人社長が「関係者の皆さまに多大なるご心配をお掛けして誠に申し訳ありません」と謝罪した。同船は、日本時間27日夜の離礁を目指しているという。

同社に入った連絡によると、現場ではしゅんせつ用の機械などを使って岩を砕いて取り除く作業をしているほか、えい航するための大型タグボート2隻を手配中という。

会見では、座礁原因については調査中としつつ、砂嵐による視界不良などの急激な天候の変化が起きたと推定。国際法や現地法にのっとって賠償対応するとした。

スエズ運河での所有船の座礁を受け、記者会見で謝罪する「正栄汽船」の桧垣幸人社長(左)ら=26日午後、愛媛県今治市スエズ運河での所有船の座礁を受け、記者会見で謝罪する「正栄汽船」の桧垣幸人社長(左)ら=26日午後、愛媛県今治市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 日本 四国 愛媛県