オノ・ヨーコさん、核廃絶訴え=被爆者の警告「かつてなく重要」

社会 文化

【ニューヨーク時事】ビートルズの故ジョン・レノンの妻で芸術家のオノ・ヨーコさんは26日、ツイッターで、「ノーモア・ヒロシマ、ナガサキ」という被爆者の警告が「今より重要だったことはない」と投稿し、核廃絶を訴えた。

オノさんは1945年の広島と長崎への原爆投下までに「戦争はほぼ終わっていたが、被爆者の耐え難い苦痛はそこで終わらなかった」と指摘し、「核の被害は消えない」と強調。原発の危険性も警告した。その上で、「目を覚まし、一緒になって、地球をさらに破壊するのではなく、きれいにして癒やそう」と呼び掛けた。

芸術家のオノ・ヨーコさん=2016年2月、メキシコ市(AFP時事)芸術家のオノ・ヨーコさん=2016年2月、メキシコ市(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化 社会 社会一般 日本 米国