スエズ貨物船が離礁=遮断から7日目、通航再開へ

社会

【カイロ時事】エジプトのスエズ運河で座礁した大型コンテナ船「エバーギブン」(全長400メートル、幅59メートル)が29日、立ち往生してから7日目で離礁に成功した。運河を管理するスエズ運河庁が明らかにした。潮位が2メートルに達した同日午前(日本時間同日夕)の満潮時を狙い、大型タグ船も投入した作業が奏功した。海上交通の要衝で約1週間にわたり通航が中断されたが、運河庁のラビア長官は地元メディアに、同日夜(日本時間30日未明)に再開する予定だと述べた。

コンテナ船は愛媛県今治市の正栄汽船が所有し、台湾の長栄海運が運航していた。船首が岸に接触して土砂にめり込み、動けなくなっていた。当局や海難救助チームは、船の移動を妨げていた船首周囲の大量の砂や泥を除去。総トン数22万トンに達する世界最大級のコンテナ船であるため、積み荷や船体の重量が影響して離礁は難航を極めた。

船は離礁後に北上し、運河中ほどにある湖に向け航行。船体や積み荷に異常がないか点検する。運河庁は、座礁は強風に限らず「技術的要因や人的ミスの可能性もあり得る」と指摘。離礁完了を受けて、原因の究明を本格化させる。

29日、エジプトのスエズ運河で、タグボートでえい航される大型コンテナ船「エバーギブン」(奥)(dpa時事)29日、エジプトのスエズ運河で、タグボートでえい航される大型コンテナ船「エバーギブン」(奥)(dpa時事)

29日、エジプトのスエズ運河で、離礁に成功したコンテナ船「エバーギブン」(中央)(スエズ運河庁のフェイスブックから)29日、エジプトのスエズ運河で、離礁に成功したコンテナ船「エバーギブン」(中央)(スエズ運河庁のフェイスブックから)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 エジプト 日本 四国 愛媛県