BPO、放送倫理上の問題を指摘=木村花さん出演「テラハ」―人権侵害は認めず

社会

フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラーの木村花さん=当時(22)=がネットでの中傷を苦に亡くなったとされる問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会(奥武則委員長)は30日、番組に「人権侵害があったとまでは断定できない」とした上で「放送倫理上の問題があった」と発表した。

同委は、地上波放送に先立つ動画配信後に花さんが自傷行為をしたことに触れ、「(フジは)自傷行為後に一定のケア対応をしており、人権侵害があったとまでは断定できない」と判断。また、「(花さんの)自由な意思決定が奪われていたとは言えない」と結論付けた。

その上で、視聴者の共感や反発が出演者に向かうリアリティー番組においては、放送局は出演者の身体的・精神的健康状態に配慮すべきだとし、「こうした配慮に欠け、放送倫理上の問題がある」と指摘した。

亡くなった木村花さん(所属プロレス団体の動画より)亡くなった木村花さん(所属プロレス団体の動画より)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報・通信 社会 日本