送別会主催の課長更迭=23人深夜まで、田村厚労相は給与返納

政治・外交

厚生労働省は30日、職員23人が深夜まで送別会を開いた問題で、主催した老健局の真鍋馨老人保健課長を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした上で、同日付で官房付に異動させる人事を発表した。事実上の更迭となる。田村憲久厚労相は、閣僚給与2カ月分を自主返納する。

また同省は残る22人のうち、課長補佐ら14人を訓告、5人を注意・指導とした。自治体からの研修生3人の処分は行わない。管理監督責任を問い、樽見英樹事務次官を厳重注意に、土生栄二老健局長を訓告処分とした。

厚労省によると、真鍋氏を含む同課の職員23人は24日、東京都内の居酒屋で送別会を開催。都は新型コロナウイルス対策で午後9時までの営業時間短縮を飲食店に要請していたが、午後11時まで開いている店を探して予約し、午後7時15分ごろから午後11時50分ごろまで会食していた。

政府は感染拡大防止に向け、歓送迎会を避けるほか、会食時も4人以下とするよう呼び掛けている。真鍋氏は省内の調査に「軽率で浅はかだった。省全体に迷惑を掛け申し訳ない」などと話しているという。田村氏は30日午前の閣議後記者会見で「国民に生活の制約をお願いしている省でありながら、国民の信用を裏切る形になり、おわび申し上げる」と謝罪した。

このほか厚労省は、3月下旬に職員が5人以上参加した会食が新たに2件あったと明らかにした。1件は管理職を含め5人、もう1件は6人が参加。ともに午後9時までに終えたが、同省は詳細を確認する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 行政一般(政治欄向け) 日本