武田総務相不信任案、午後に提出=接待問題で「対応不誠実」―野党

政治・外交

立憲民主、共産、国民民主3党の国対委員長は31日、国会内で会談し、総務省幹部接待問題をめぐる武田良太総務相の国会答弁などが不誠実だとして、衆院に不信任決議案を提出する方針で一致した。午後に3党幹事長・書記局長会談を開き、最終決定した後に提出する。与党は4月1日に衆院本会議を開き、否決する方針だ。

野党が菅内閣の閣僚の不信任案を提出するのは初めて。立憲の安住淳国対委員長は会談後、武田氏の接待問題への対応や国会答弁に触れ、「及び腰で極めて誠実さに欠けたものだ」と記者団に指摘。「事実解明を妨げる一助になっていたのはまさに武田氏だ。大臣の任にあらずという結論に至った」と説明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本