武田総務相不信任案を否決=接待問題めぐり野党提出―衆院

政治・外交

衆院は1日の本会議で、武田良太総務相の不信任決議案を与党や日本維新の会の反対多数で否決した。立憲民主、共産、国民民主、社民4党が総務省接待問題をめぐる武田氏の対応は不誠実だとして共同提出していた。菅内閣の閣僚に対する初の不信任案だった。

立憲の本多平直氏は採決前の趣旨弁明で、国会答弁に立った総務官僚に武田氏が「記憶がないと言え」と指示した疑いなどを取り上げ、「言語道断だ」と非難し、「省内調査の陣頭に立てるとは到底考えられない」と指摘。自民党の鈴木淳司氏は「ただのパフォーマンスだ」と4野党の動きを批判した。

不信任案否決後、武田氏は記者団に「結果を正面から重く受け止め、総務省の立て直しにまい進していきたい」と語った。

衆院本会議で自身の不信任決議案が否決され、一礼する武田良太総務相=1日午後、国会内衆院本会議で自身の不信任決議案が否決され、一礼する武田良太総務相=1日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国会 日本