夫婦別姓検討チームが初会合=自民、論点整理に着手

政治・外交

選択的夫婦別姓制度について議論する自民党の「氏制度の在り方に関するワーキングチーム」(座長・石原伸晃元幹事長)が2日、党本部で初会合を開いた。党内では推進派、慎重派双方が議員連盟を設立。議論の過熱も予想されており、党の正式な組織で意見調整を目指す考えだ。

初会合では、「旧姓の通称使用だけでは解決できない問題がある」「選挙の争点にもなるので、方向性をはっきり示すべきだ」などと賛成、反対それぞれの意見が出された。

別姓制度をめぐっては、最高裁大法廷で憲法判断が下されるとみられている。石原氏は会合後「最高裁決定が出るまでに論点を整理しなければいけない」と記者団に語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本