菅首相、台湾問題は日米で連携=有事「存立危機」明言せず

政治・外交

菅義偉首相は4日のフジテレビ番組で、米ワシントンで16日に予定する日米首脳会談で議題となる見通しの台湾問題について「日米で連携し、抑止力を維持する中で平和的に台湾・中国で解決できる環境をつくっていくことが大事だ」と指摘した。また、台湾をめぐる情勢は「日本にとって重要だ」と強調した。

米バイデン政権内では、中国が台湾に侵攻する台湾有事への懸念が高まっている。首相は台湾有事が安全保障関連法で規定する「存立危機事態」に該当するか問われ、「仮定のことに私の立場で今答えることは控えたい」と明言を避けた。日本の存立が脅かされる同事態の認定は、集団的自衛権行使を可能にする前提条件の一つ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国 日本 台湾 米国