F35B、宮崎に配備へ=対中国、南西防衛強化―防衛省調整

政治・外交

防衛省は、最新鋭ステルス戦闘機F35Bを航空自衛隊新田原基地(宮崎県新富町)に配備する方向で調整に入った。複数の同省関係者が5日、明らかにした。自衛隊基地へのF35B配備は初めて。今後、地元自治体に説明するなど調整に入り、2024年の運用開始を目指す。

中国は沖縄県・尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返すなど、東シナ海での威圧的な動きを強めている。F35Bの南西方面への配備には、中国をけん制し、対処力・抑止力を強化する狙いがある。

米軍の強襲揚陸艦「ワスプ(WASP)」から発艦する最新鋭ステルス戦闘機F35B=2018年3月、フィリピン海米軍の強襲揚陸艦「ワスプ(WASP)」から発艦する最新鋭ステルス戦闘機F35B=2018年3月、フィリピン海

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 中国 日本 九州 宮崎県 沖縄