聖火リレー、条件付き容認へ=スポンサー車両制限―島根県

スポーツ

島根県が中止を検討してきた県内での東京五輪の聖火リレーをめぐり、できるだけ簡素な形での実施を条件に開催を容認する方向で調整に入ったことが6日、分かった。大会組織委員会の関係者や県選出の国会議員らとの協議を経て、4月半ばに実施の可否を最終的に判断する。

県内では5月15、16日に聖火リレーが予定されている。県は組織委に対して、ランナーを先導するスポンサーの車両や関係者の制限などを求める方針だ。

丸山達也知事は2月、東京都や政府による新型コロナウイルス対策が不十分であることを理由に聖火リレーの中止検討を表明していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本 中国 島根県