北朝鮮が東京五輪・パラ不参加=新型コロナ理由に―橋本会長「状況把握していない」

スポーツ

北朝鮮が東京五輪不参加を決めたことが6日、明らかになった。同国体育省のウェブサイトによると、北朝鮮オリンピック委員会が3月25日にオンライン形式で開いた総会で、不参加を決定した。「新型コロナウイルスによる世界的な保健危機の状況から選手を守るため」としている。日本での感染が収束しないことや北朝鮮で十分なワクチン確保が難しいことなどを考慮したとみられる。

北朝鮮は公式には国内感染者ゼロと主張しているが、医療水準が低いため、当局のウイルス流入への危機感は強く、これまで中国との国境を封鎖するなど徹底した防疫対策を取ってきた。五輪の不参加決定もスポーツ振興や国威発揚より防疫を優先した形だ。

日韓では五輪に合わせて北朝鮮から高官が訪日すれば、日朝、南北関係改善の機会になるとの期待もあった。

東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は「状況は把握していない。けさの段階で国際オリンピック委員会(IOC)からも組織委には連絡はない」と述べた。

加藤勝信官房長官は「多くの国・地域に参加してもらえるよう、感染対策を含め環境整備に引き続き努めていく」と強調。拉致問題解決に向けて五輪に合わせた日朝対話に意欲を示していたことには「日本政府が主体的に取り組んでいく。この姿勢に何ら変わりはない」と語った。

国際パラリンピック委員会(IPC)は6日、北朝鮮から東京パラリンピック不参加の通知を受けたことを明らかにした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本 北朝鮮