菅首相、全漁連会長と7日に会談=原発処理水で協議

政治・外交

菅義偉首相は6日夜のBS日テレ番組で、全国漁業協同組合連合会の岸宏会長と7日に会談する方向で調整していることを明らかにした。東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の処分方針について意見交換する見通しだ。

首相は番組で、処理水の扱いに関し「漁業関係者の皆さんと意見交換することは極めて大事だ」と指摘。「同時にいつまでも放置するわけにはいかないことも事実だ。このまま先送りし続けることは避けるべきだろう」と述べた。具体的な処分方法には言及しなかった。

処理水をめぐっては、政府が人体に影響が出ないレベルまで薄めて海に放出する方向で検討しているのに対し、海産物への風評被害を懸念する漁業者らは強く反発している。首相は岸氏と直接話して理解につなげたい考えとみられる。政府は会談の結果次第では、処分方針を正式決定する関係閣僚会議を近く開催する方向で検討する構えだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 政府・内閣 日本 東北 福島県